分譲住宅の購入で失敗しない!購入前に確認したいチェックポイントを解説!

このサイトは分譲住宅の購入で失敗しないために、購入前に確認したいチェックポイントを解説しています。
知らずに後悔しないためにも、まずは知識を得ておくと良いでしょう。
また分譲の住宅を販売する、不動産会社の事業形態に関しても解説しています。
それから内覧で入念に確認したいのが住宅の水回りです。
水回りはトラブルが起きやすいため大切です。
これらを押さえておけば、住人の希望に合うような納得の家が手に入れられる可能性があります。

分譲住宅の購入で失敗しない!購入前に確認したいチェックポイントを解説!

分譲住宅を購入しようと考えている人もいるのではないでしょうか。
家の購入で大切になるチェックポイントには、分譲住宅の点検口が挙げられます。
住宅の点検をする際に必要になるためこれの有無や場所は把握しておくべきです。
それから分譲住宅では水回りの配置や換気扇もチェックしておきます。
これらは使いやすさや快適さを左右することになるからです。
さらには隣の家との間隔や窓の位置、ドアや窓が問題なく使えるかも確認します。

そもそも分譲住宅とは?安心感がある問い合わせ先の特徴について

分譲住宅とは、区画整理された土地に建てられた住宅です。
それぞれの物件と土地が一体となっており、一見すると既存の街に新築して土地も合わせて販売する建売住宅と似ていますが、地域で共通した街並みを形成する分譲住宅とは、違っています。
また注文住宅よりも手頃で、近い属性を持つ世帯が集まる傾向も分譲住宅の特徴と言えるでしょう。
そんな分譲住宅の問い合わせ先では現地のエリアを統括する本部または支社、あるいはカスタマーセンターになります。
主に購入者が対象になっており、以下の条件が揃っていると安心して相談できます。
まずフリーダイヤルであったりメールで相談できる、住宅を手放したり他人の貸したいときの相談できる、住宅ローンの返済方法の変更の相談、住宅取得等特別控除の手続きや家屋新築証明書の発行に対応しているなどです。
分譲住宅とは住宅と土地だけでなく、街並みも販売価格に含まれているため、開発会社の許諾なく売却したり貸したりできません。
そのため安心できる問い合わせ先がある開発会社の分譲住宅を検討すると良いです。

アフターサービスの充実度で選ぶ分譲住宅

分譲住宅を購入するときに重視する項目は人によって違います。
多くの人は価格に目を奪われがちですが、それだけでは暮らし始めてから苦労するかもしれません。
このようなリスクをなくすために欠かせないのが、アフターサービスに重点を置いて選ぶことです。
一般的な建売住宅を買うときよりも重要度は高いといえます。
なぜなら、同時に多くの戸数を販売するため、入居後の問題に関しては対応が遅くなるケースもあるからです。
不備が発覚しても、すぐに修繕にしてもらえない恐れがあります。
そのまま放置されると、自分たちが原因の損傷と見分けにくくなってしまいます。
アフターサービスが充実しているところだと、対応に多くのスタッフを用意しているので、それほど長く待たされることはありません。
分譲住宅は同じ設計の家が多く、基本的な構造は共通しています。
それを把握していれば、問題が発覚しても迅速な処置が可能です。
知識共有を行っているスタッフはフォローを迅速に行えます。

分譲住宅の引き渡し時に受け取る書類

住宅が購入者に引き渡されるときには、鍵と同時にたくさんの書類も受け取ることになります。
分譲住宅の場合は施工業者発行の保証書やアフターサービスの基準書のほか、建物の設計図書や建築確認関係の文書、設備の取扱説明書・保証書、住宅性能評価書も引き渡しの手続きのときに受け取ります。
建築工事に付随して何か工事を実施した場合は、その工事に関係して作成されたものも施工業者から手渡されます。
ただし、分譲住宅の引き渡し手続きを行う日までに出来上がらないものについては後日郵送などで受け取ります。
該当するものには、建物の竣工検査が済んだことを示す検査済証、住宅瑕疵担保責任保険の証書、土地・建物の登記識別情報および登記事項証明書などが挙げられます。
購入者に渡る書類は、どれも非常に重要で紛失してはならないものばかりです。
その中には再発行や再交付ができないものもあるので、新居での生活を始めた後は大切に保管しておきましょう。

分譲住宅に義務付けされている建物保証

分譲住宅には、建物保証が存在することがほとんどです。
義務付けられているものでは、一般的に瑕疵担保責任と呼ばれるものが存在します。
これは、分譲住宅で販売を行ったときに何らかの瑕疵が存在していた場合、その責任を売主が取らなくてはならないというものです。
元々、分譲住宅などの物件は非常に高額な買い物になります。
それだけ、物件を購入する側にはリスクが付いて回りますので、これに関連する保証がきちんと存在しなくてはいけません。
そこで、法律で住宅事業者に対して物件への瑕疵に関連する責任を取らせるように義務付けたのです。
これによって、飼い主は安心して取引を進めていくことができます。
住宅事業者は、このような責任を請け負っているため保険の加入や供託金などを準備しなくてはいけません。
分譲住宅の建物保証では、あらかじめ不備がないように事前に準備を進めておくことが基本なのでこれを守って安全に取引ができるように求められます。